Copyright(c) Tsuda Shokai Co.,Ltd. All Rights Reserved.

株式会社津田商会

OPINEL HISTORY

1890年フランス・サヴォア地方の山村で、ジョセフ・オピネルが現在の原型といえる

折畳式ナイフを開発しました。以来120年以上もの間、基本的デザインを変える

ことなくフランス国内で熟練した職人の手作業によって作られています。

使い易さ、軽さ、信頼性、多用途を兼ね備えたシンプルで暖かみあるオピネルナイフは、ピカソも愛用し数々の冒険家たちのパートナーとして活躍してました。

1985年に世界的な工芸品の博物館として知られるロンドンの

ウィクトリア&アルバート博物館が選出した「世界で最も美しい100の製品」の

一つにも選ばれている他、ニューヨーク近代美術館の収蔵品にも加えられるほどに

オピネルナイフの普遍的なデザインは高く評価されています。

その使いやすさは何もアウトドアにとどまることはありません。

朝食のバゲットや果物をカットしたり、ピザを切り分けたり、植物の剪定、えんぴつを

削ったりと、日常のあらゆるシーンでオピネルナイフはその機能と美しさを提供します。

POCKET KNIVES AND

OUR KITCHEN AND TABLE KNIVES

OUTDOOR

GARDEN