Copyright(c) Tsuda Shokai Co.,Ltd. All Rights Reserved.

株式会社津田商会

Stanley Master Series

September 5, 2017

 

 

 

 

 

多くの人に愛されているStanleyですが、この春よりラインナップに加わったMaster  Seriesの魅力と特徴について今更ながらですがご紹介です。

 

・ 耐久性のアップ!

  1.0mm、18/8ステンレスで作られた本体と底。

  従来モデルより30%厚い構造。

  (18/8とは約18%クロムと8%のニッケルを含むという意味。

  JIS規格ではSUS304とも呼ばれるステンレス素材です。)

  

Youtubeで検索していただければ、1.3Lモデルを車でひく動画なども上がっています。

ひかれた後もすり傷だけで、本体自体にへこみや、ひずみもなく、キャップも

スムーズに開閉出来ています。

 

 

 

・ 保温、保冷力アップ

  通常真空部分の内側が銅箔だけのコーティングに対して、Master Seriesではさらに

  アルミ箔を追加し4重構造。より熱が伝わりにくい構造になっています。

  真空空間も他社と比べ60%広めに作っております。

  さらに中栓のコアの部分を金属にすることにより、プラスティックの中栓よりも

  熱を逃がしにくい構造です。

 

非公式な個人の方のブログですが、実際に沸騰したお湯を入れ時間ごとに温度を

計測されているサイトもあります。

商品のうたい文句にも偽りなく、1.3Lモデルで24時間後も70度前後の温度を

保っているようです。

 

 

スタンレーと言えばハンマートーンじゃないととおっしゃる方も多いかとは思いますが、

今どき流行りのライトウェイトには走らずにスタンレーの本質である質実剛健を

目指したMaster Series。

スタンレーらしさが十分に詰まったシリーズです。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

November 7, 2017