Copyright(c) Tsuda Shokai Co.,Ltd. All Rights Reserved.

株式会社津田商会

Julynine

November 7, 2017

 

携帯バッグ - Sushi Sack

 

 日本でも近年、自国内で生産された物を扱うお店も個人の方が増えてきました。

 

ほんの少しの価格差であれば全く問題なく国産品、少しの違いであれば物と価格のバランスを

見て購入、大きく違うのであれば本当に価値があるのか、意味があるのかを考えて購入される方が増えているように感じます。

いいものを長く使う、納得できるものを使う、自分の身丈にあった物を使う、

好きだから使う、自分の中では価値があるから使う、いろいろな見方があります。

 

 

近年アメリカでも日本と同じように自国での生産を重要だと考える方も増えだしました。

今回紹介するJulynine(ジュライナイン)も同じような考えがありアメリカ国内で

生産されています。

服飾関係に関して、近年中国や、ベトナムといった国々で製造されることが多いですが、

大きな数量が必要であったり、輸送費、在庫リスク、回転率などを考えた場合、

国内でくすぶっている生産力を使うのとどれだけの差が出るのか。

実際に価格差が出たとしても、その価格差に意味があり、納得できるのであれば

お客様に購入される形を作り出しました。

 

約1年ぐらい取扱ましたが、デザインも良く、使い勝手もいいので、ここ最近急に

人気になってきています。

 

ツートーン、ジッパー付きなどもありますが、一番売れているのは、

スタンダードな単色のSushi Sack (スシサック)。

オープンマウスですが、生地が薄くてやわらかく、体にフィットしますので思っている以上に

荷物などは飛び出しません。

ポイントは、

・ ハンドル部分を使ってロールし、小さくできる。

・ 豊富なカラー

・ 意外とある収納力、強度。

・ 女性はもちろん男性も購入されています。

・ Made in USA

 

巻き方については下記動画をご参考ください。

簡単に説明すると、”ハンドルの根元を合わせ、ボディ部分をたたんでいって、最後ハンドルのスナップの位置に注意して巻き込んで留める” です。

 出張の際にカタログが増えて困った、おみやげがカバンに入らないなど、よくある問題ですが、バッグに1個ほおりこんでおけば、意外な所でも活躍します。

 

定番として導入していただけるお店も増えてきており、販売数も安定してきております。


裏話にはなりますが、今回の10月頭の入荷が遅れました。

やり取りをしていると、どうやらハリケーンのせいで、生産をしている工場に政府の

仕事が入り、生産が遅れたとのこと。

理由を聞かされるとさすがに強くも言えないですが、遅れたお詫びに新製品のサンプルを

同封してくれました。

春には紹介出来るかと思いますが、サンプルのシャンブレー生地もいい感じです。

ご興味あればお声掛けください。

 

10月に入荷したのですが、すでに一部カラーで欠品しております。 申し訳御座いません。

ただ、12月には再度入荷も予定しております。

在庫あるものに関しては即納可能です。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

November 7, 2017